ALBAX

お問合せ / 資料請求お問合せ / 資料請求 モデルハウス見学来場予約
アルバックス 注文住宅・分譲住宅

家主の夢を余すことなく詰め込んだ、光の降り注ぐ家。

東海市A様邸

家探しのきっかけ、土地探しの条件は何でしたか?

奥様

結婚式・新婚旅行等のイベントを終えて落ち着いてきた頃、主人と「そろそろ家を建てようか」という話になって、そこからすぐに土地探しを始めました。私は実家が東海市なので土地勘もありましたし、親族や友人から「東海市の子育て支援が充実している」という話も聞いていたので、この辺りなら安心して家を建てられるだろうなと思っていたんです。それに、やっぱり子どもが生まれてからのことを考えると、家を建てるなら両親が近くに住む東海市が一番安心だなと思ったんです。

東海市周辺で土地を探そうと決めてからは、折込チラシからWebサイトまで、土地情報を毎日のようにチェックするようになりました。気になるところがあれば週末に現地まで見学に行くということの繰り返し。思い返すと1年間ぐらい探していたかと思います。

ご主人

かなり熱心に探しました。色々な土地を見ていくと、自分たちの目もだんだん肥えてきて、土地選びの知識が増えていくにつれて、満足のいく土地を見つけるのに苦労しました。

そんなときに出会ったのが今の土地です。この分譲地の情報を早く見つけたことが幸いし、現地に見学に行くと分譲地内の先約はまだ 2 つだけ。私たちが狙っていた区画はまだ先約がありませんでした。東西南北の景観やお隣さんとの距離感の条件が申し分なかったこの土地を実際に現地で確認して「ここだ!」と思いました。

アルバックスホームを選んだ決め手はありますか?

ご主人

私たちの家づくりには「ここは絶対に譲れない」というポイントがいくつかあったので、アイシン開発のアルバックスホームも含めて複数のハウスメーカー・工務店に要望を伝え、設計の提案をお願いしました。その中でもアイシン開発に提案いただいた設計プランが、私たちには一番しっくりくるものだったんです。

営業担当者さんの人柄やレスポンスの早さなども加味して、最終的には、自分たちのやりたいことをどれだけ実現できるかという観点から、アルバックスホームに決めました。

奥様

担当の営業さんと設計士さんとの打合せの中で、「ん? あんまり伝わってないな」と思うことがなく、違和感なくコミュニケーションがとれて安心でしたし、信頼できそうだと思いました。

リビングの吹き抜けが気持ち良いですね。

ご主人

吹き抜けも、私の譲れないポイントの一つでした。やっぱり、お洒落な家には吹き抜けがあるよな、と(笑)。でもそのお洒落さと引き換えに、吹き抜けだとどうしても空調の効きが悪いかなと覚悟はしていました。

しかし実際に住んでみると、意外にも夏・冬限らずエアコン等の空調機器の効きが早く、快適に過ごせています。これはたぶん、アルバックスホームの“売り”であるW断熱・Wサッシと、空気を対流させるシーリングファンのおかげなんでしょうね。

 

奥様

吹き抜けの大きな窓から光がたっぷり入って、晴れた日の昼間は常にリビングへ光が差し込みます。「眩しいくらい明るい家にしたいね」と二人で話していたことが実現して嬉しいです。子どもを抱いてソファに座り、2階の窓から見える空の変化をぼーっと眺めるのがとても贅沢で、私の大好きな時間です。

ご主人

それと、スケルトン階段も絶対に取り入れたかったです。建築雑誌に載っているお洒落なお家には、大体かっこいいスケルトン階段があるじゃないですか(笑)。子どもが小さい間は、スケルトン階段はちょっと危ないかとも思いましたが、そこは私たち大人が気を付ければ大丈夫かな、と。

一般的に、家づくりは子育て目線で進めていく方も多いかと思いますが、私たちの場合は、あえて子ども中心の家づくりとはしませんでした。子どもが小さい時期はあっという間ですし、自分もそうだったように、20 年もすれば子どもは実家を離れていくでしょうから、まずは子育ての制約にとらわれずに、自分たちのやりたいことをとにかく詰め込むことに決めたんです。

ご主人のこだわりポイントは?

ご主人

キッチンと一体になっているカウンターテーブルです。ダイニングキッチンの参考になる事例を雑誌やインターネットで探している時、L 字対面型ダイニングキッチンがお店っぽくてかっこいいなぁと気に入ったので、このタイプにしたいと思いました。

リビングとの境界はないのですが、テーブルの部分に沿ってキッチンの天井が下がっているので、まとまりのある空間に見えるのもポイントです。

私たちは二人とも、家に友達や家族を呼んで食事をしてわいわいするのが好きなので、キッチンに立っていてもお客さんとの距離も近くコミュニケーションがとれることを大切にしたかったんです。キッチンの床をリビングよりも下げることで、カウンターに座っている人とキッチンに立つ人の目線の高さを合わせるようにしたところが気に入っています。

たまに互いの両親を招いて一緒に食事をするのですが、父親同士がカウンターでお酒を飲みながら楽しそうに話している様子を目にした時には、この形にして正解だったなと思いましたね。

奥様

そうだね。私と母と義母の3人がキッチンに並ぶこともできるくらい余裕をもったサイズにしたので、使い勝手もいいです。「キッチンは足元が冷えるから床暖房を入れたほうがいいよ」と家族からアドバイスを受けて、キッチンに床暖房を設置したのですが、これも正解だったと思います。断熱性能が高いこともあり、冬場も寒さが気にならず快適です。

庭でバーベキューをすることもあるのですが、キッチンに立っていても庭がすぐそこに見えますし、行き来もスムーズにできます。ウッドデッキも作ったので、そこに座ってバーベキューコンロを囲んで楽しんでいます。

 

ご主人

あとは、アルバックスホームにした理由の一つでもあるのですが、屋根裏のスペースを活かしたロフトをつくるのにもこだわりがありました。家に秘密の隠し部屋みたいなものがあると、自分も子どもも楽しいだろうなと思って。

他社にもロフトをつくりたいという要望を出したのですが、実現できるのはアルバックスホームだけでした。想像よりも広いスペースになり、物置にしておくのはもったいないので、今後何か工夫していきたいと思っています。

奥様

友人の子どもが遊びに来るとここへ上がって楽しそうに走り回っていますよ。普段生活する空間からこのロフトは目につかないですし、子どもが一生懸命つくった作品をすぐに片付けず、 そのまま置いておけるのが嬉しいです。リビングだと散らかしておくわけにもいかないので、翌日に子どもが続きから始めるといったことが難しいかと思いますが、ここなら安心。

うちの子はまだ小さいですが、少し大きくなったらここで思う存分創作意欲を膨らませてくれたらいいなと楽しみにしています。

奥様のお気に入りの場所は?

奥様

私がこだわったのは、趣味のエステを行うことができる部屋です。いつか本格的にできたらいいなと思っていて、その時に有効活用できるような部屋のつくりにしています。

家の中の壁紙は基本的に夫と一緒に考えて、部屋ごとにテクスチャの違う白い壁紙にしたのですが、この部屋だけは私がいいなと思ったものに決め、生活空間とは別の雰囲気に仕上げています。壁紙の種類がとても多く、迷いながらも楽しんで選べました。

奥様

もう一つのお気に入りは、快適な動線を意識して配置した、2階のお風呂場と洗濯スペースです。洗濯機から取り出したものをハンガーにかけてそのまま目の前の竿にかけられますし、その先にはベランダがあるので、洗濯物を干したり取り込んだりするのが本当に楽なんです。洗濯機の上にはガス乾燥機を設置しているので、雨の日も気にせず洗濯ができるのは非常に助かっています。

お風呂も標準よりも大きめのサイズにしてよかったと思っています。広々していて気持ちいいですし、子どもと一緒にお風呂に入ってもまだ余裕があります。

ご近所の様子はいかがですか?

奥様

家の周りは静かで落ち着いた環境ですし、この土地を選んでよかったと思います。ご近所さんは小さなお子さんのいらっしゃる同世代の方々ばかりなので、何となく安心感がありますね。

たまに、ご近所の方から「子どもの声がうるさくてすみません」と声をかけられることもあるのですが、気になったことはほとんどありません。我が家だと今は昼夜問わず子どもが泣く時期なので、周辺のお宅に申し訳ないなぁと不安だったのですが、心配する必要がなさそうだとわかってほっとしています。Wサッシは断熱効果もすごいんでしょうけど、防音にも役立ってくれているんだなと感じましたね。

ご主人

同じ区画にある他のお宅も素敵なんですよ。周りも全て同じアルバックスホームの注文住宅ですが、外観も様々ですし、それぞれの個性が出ているなぁと、見ていて楽しいです。それでいて、街並みとしての世界観がまとまっているようにも感じます。

家づくりを振り返ってみていかがですか?

ご主人

契約後、実際に具体的な設計を始めて驚いたのは、構造上の問題となりうる部分以外は基本的にNGなしで実現できたことです。私は大学で建築学を専攻していたこともあり、自分で家づくりのアイデアノートを作って、思いつく限りの構想やメモを書き込んでイメージを膨らませていきました。こだわりが強く、自作の白模型まで作ったほどです。設計の打合せでは、あれもしたいこれもしたい、と本当に色々なわがままを言ったと思います。

譲れないポイント以外にも、会話の中でふと話したことを営業さんと設計士さんが覚えていてくれて、私たちの趣味や嗜好まで読み取って「こういうの、どうですか?」と、要望に答えるだけでなく新しい提案もしていただけたので、「分かってくれているなぁ」と嬉しく思いましたね。

奥様

自分たちの意図をちゃんと理解して形にしてもらえるって、意外と簡単なことではないと思うんです。でもこの家づくりではそれがほとんど叶いました。

結婚式と新婚旅行を終えて、「さぁ今度は家づくりだ!」となったときに、主人と「家づくりは結婚式以上に時間をかけて、トコトンこだわろうね!」と話していました。設計の打合せに時間をかけた甲斐もあって、満足のいく仕上がりになったので本当に嬉しいです。夫もよくリビングのソファに座りながら「いい家だよね~」と自画自賛しています(笑)。

ご主人

全てやり尽くして、思い残すことはありません!「家は3回建てないと満足のいく家にならない」とよく言われますが、私たちは1回目で、不満のない自慢の家をつくることができたと自負しています(笑)

CONTACT お気軽にお問い合わせください