ALBAX

お問合せ / 資料請求お問合せ / 資料請求 モデルハウス見学来場予約
アルバックス 注文住宅・分譲住宅

MENU

  • TOP
  • コラム
  • 家づくりで不安なお金の話。覚えておきたい資金計画の考え方

家づくりで不安なお金の話。覚えておきたい資金計画の考え方

家づくりを進められるなかで、お金に関することで心配される方は多いかもしれません。「家づくりの総額はいくらになるの?」「月々どれくらいの返済なら無理なく生活できる?」「頭金はいくら用意すべき?」など、悩みは尽きないでしょう。

そこで今回のコラムでは、家づくりを検討しはじめた方にじっくり読んでいただきたい「資金計画の考え方」を解説していきます。「費用の算出方法」や「資金計画のSTEP」などを紹介しますので、ぜひ家づくりの参考にしてください。


建物や土地以外に必要な諸費用があることを理解する

家づくりと言っても、建物本体以外にもさまざまな費用がかかることを忘れてはいけません。そこで覚えておきたいのが、建物費用に関する方程式です。

家づくりの総額=建物本体の費用(付帯工事費含む)+土地の費用+諸費用

外構(エクステリア)などの付帯工事費は、建物本体の費用として考えると良いでしょう。また、「諸費用ってなに?」と気になった方も多いと思います。諸費用とは不動産を取得した際に払う税金などのことで、家づくりの総額の10%前後の金額が目安です。では、もう少し詳しく見てみましょう。

○付帯工事費

駐車場や庭、門扉などのエクステリアのほか、照明やカーテン、空調設備などの取り付け工事費用のこと。新しく土地を購入される方はもちろん、土地を所有されている方も地盤改良費や水道・ガスの本管引き込み工事費が必要な場合があります。

○諸費用の主な内訳

・事務的費用
登記費用、火災保険料、住宅ローン契約時の手数料、税金など工事とは異なる用途での費用がかかります。

・税金
不動産取得税や固定資産税、都市計画税、印紙税の支払いが必要です。

・その他
引っ越し代や地鎮祭、新しい家に住むまでの生活費などが含まれます。

 

以上のような諸費用は現金で支払うことがほとんどなので、住宅会社に支払う頭金とは別に蓄えておきたいです。

 


家づくりで使えるお金=借り入れる住宅ローンの総額+頭金

家づくりを検討しはじめた方が住宅展示場を訪れると、営業担当者から「ご予算はどれくらいでお考えですか?」と尋ねられるのではないでしょうか。そこではじめて家づくりの予算を意識するという方もいらっしゃいます。予算とは家づくりで使えるお金のことですが、一体どのように算出するのでしょうか。その手順を4ステップで解説していきます。

 

○STEP 1

家づくりで使えるお金を算出するには、まず毎月の世帯収入と毎月の支出金額(家賃や生活費だけでなく、保険や車のローンなども含む)をきっちり調べます。また、毎月どれだけ貯蓄ができているのかも割り出しましょう。

もし今の収入と支出のバランスで貯蓄ができていないようであれば、1カ月に支払う住宅ローンは家賃を下回る金額がよいでしょう。なぜなら毎月の住宅ローンの支払いで、将来起こるであろうライフプランの変化に対応するための貯蓄ができないという事態は避けたいから。貯蓄もしていく前提で毎月の返済額を決めておくと安心と言えます。

 

○STEP 2

毎月の返済額の目安を決めたら、現在の貯蓄から頭金として使う自己資金について考えます。ここで注意したいのは、住宅ローンの借入額を減らしたいからといって貯蓄の多くを頭金に回してしまうこと。不測の事態によって急な出費が必要になることもあるため、貯蓄はある程度残しておくようにしましょう。また親御さんからの資金援助がある場合は、その金額も明確にしておきます。

 

○STEP 3

次に住宅ローンの借入期間についてですが、理想として会社勤めの方は定年退職までの完済を目指したいところ。働く期間から現在の年齢を引いた数字が借入期間の目安になります。

【例】65歳(働く期間)-30歳(現在の年齢)= 35年(住宅ローンの借入期間)

 

○STEP 4

毎月の返済額、借入期間、頭金のそれぞれの目安が割り出せたら、各銀行のホームページで住宅ローンのシミュレーションを行ってみましょう。自分たちが家づくりで使える金額がより具体的に分かります。なお、ほとんどのシミュレーターではボーナスを併用するかどうかの選択も可能です。

<家づくり予算の方程式>

・毎月の返済額×借入期間(年数×12カ月)=借り入れる住宅ローンの総額

・借り入れる住宅ローンの総額+頭金(自己資金+親援助)=家づくりで使えるお金(=予算)

 

もし毎月の返済額、借入期間、頭金などの算出で困ったら、ファイナンシャルプランナーを頼るのも得策。弊社にもその資格を持った営業担当者がいますので、ご相談ください。外部のファイナンシャルプランナーを紹介することもできます。

予算がある程度分かれば、住宅会社とも具体的な話ができるようになります。そうすることで、家づくりがスピーディーかつ楽しく進められるかもしれません。家づくりのこだわりを踏まえた上でおおまかな見積りを出してもらい、予算内に収まっていたらより具体的にプランを詰めていきましょう。

 


住宅ローンの借入には事前審査がある

予算を把握したものの、実際どのタイミングで金融機関と住宅ローンの借入契約を結べばいいのでしょうか。順調にプランの話を進めていても、住宅ローンの借入審査に通らなければ家づくりは暗礁に乗り上げてしまいます。

借入は本審査の前に事前審査が行われています。アイシン開発では、ご契約前に事前審査承認を確認させていただいております。お客様にはプラン検討の初期段階から金融機関と話を進めていただき、ご契約を決断される前のタイミングで事前審査を受けていただくことになります。

事前審査を受けるためには建築図面の提出を求められますが、その時点では図面プランが固まっていないことがほとんどです。まずはこちらで作った推奨プランとして、図面を金融機関に提出します。事前審査の承認後、営業担当者が最終確認を行ったらいよいよプランの最終調整です。なお、借入先の金融機関選びで迷った場合もサポートいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

都市開発事業本部 住宅部
戸建営業グループ 営業チーム
磯田晃行

2012年にアイシン開発に入社し、はじめの4年間はマンション販売を担当。2016年から戸建ての営業を任されるようになる。キャリア20年以上をもつ熟練営業職であることから、経験をもとにした説得力のあるアドバイスが持ち味。休日は料理や家事をしながらゆったり家で過ごすインドア派。

CONTACT お気軽にお問い合わせください