ALBAX

お問合せ / 資料請求お問合せ / 資料請求 モデルハウス見学来場予約
アルバックス 注文住宅・分譲住宅

MENU

  • TOP
  • コラム
  • 二世帯住宅で考慮するポイントとは。親世帯との暮らしを具体的にイメージしましょう

二世帯住宅で考慮するポイントとは。親世帯との暮らしを具体的にイメージしましょう

日本では核家族化が進み、親と離れて生活する夫婦とその子どもで構成される世帯が増加傾向にあるとされてきました。ところが昨今では、共働きや高齢者人口の増加に伴って「二世帯住宅」を選択する方も増えていることをご存知でしょうか。

今回は二世帯住宅の特徴や、建てる際のポイントを解説。将来、二世帯住宅を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。


 

アイシン開発のお客様には「部分共有型」が人気

二世帯住宅は共有する空間によって、大きく3つのタイプに分けられます。

完全分離型

「お互いのプライバシーを守る」ことを前提に、玄関をはじめ、生活スペースや設備を二世帯分設けるのが、完全分離型の二世帯住宅の特徴です。例えば、以下2パターンの設計で完全分離型の二世帯住宅は実現されます。

  • 1階と2階で世帯を分ける(外階段をつけ上下で別の出入口を設ける)
  • 空間を壁で区切り、世帯を左右に分ける

いずれにしても同じ屋根の下で暮らしながらも、生活空間を独立させることでお互いのプライバシーは守られます。

部分共有型

玄関や廊下、水まわりなど部分的に共有して暮らすタイプ。親世帯が1階、子世帯が2階で暮らすパターンが多く見られます。なお、アイシン開発で二世帯住宅を検討されるお客様は、部分共有型タイプを選ばれることが多いです。

完全同居型

親世帯と子世帯が一戸建てで一緒に暮らすタイプ。親世帯と子世帯で寝室は分かれますが、LDKやお風呂・トイレなどの空間は共有することになります。

 


 

プライベートの確保を最重要視するなら「完全分離型」がおすすめ

先ほどの3つのタイプには、それぞれメリットとデメリットがあります。

完全分離型

<メリット>

  • 生活リズムや価値観が異なっていても、世帯を分けて暮らしているのでストレスを感じることが少ない
  • それぞれの世帯のプライバシーが守られる
  • 光熱費は世帯ごとで払うため、金銭トラブルを防げる(※メーターを分けるなどの措置が必要)

<デメリット>

  • 一軒に二世帯分の生活空間と設備が必要になるため、建物面積が増え建築コストが上がる

部分共有型

<メリット>

  • 両世帯が共有できる生活空間があるため、顔を合わせやすくコミュニケーションが取りやすい
  • 共有できる生活空間と設備があるため、完全分離型よりも建築コストが下がる

<デメリット>

  • 階段部分、水まわり、パイプスペースなどのコア部分については、2階のプランを1階の部屋の配置に合わせる必要がある
  • 両世帯で生活リズムが異なると、共有設備を使う時間帯に配慮しなくてはならない

完全同居型

<メリット>

  • 生活空間と設備が共有できるため建築コストを抑えられる
  • 家族とのコミュニケーションが取れ、絆が深まる

<デメリット>

  • それぞれの世帯のプライバシーを保ちにくい
  • 各世帯の要望を取り入れたプランを考えるのが難しい

 


 

理想の住まいをカタチにするためにも、広めの敷地を用意しよう

二世帯住宅を検討されている方から、「必要な土地の広さ」についてよくご質問いただきます。両世帯の人数やご要望次第で必要な土地の広さは変わってきますが、理想の住まいをカタチにしやすくするためにも、やはり広めの土地があると安心です。

なお、クルマの所有台数も土地の広さに影響を与えます。仮に親世帯2台、子世帯2台の計4台ともなれば、駐車スペースの面積がそれなりに必要です。

 


 

上下階に分かれて住む場合は「1階と2階の空間配置」を揃える

先ほど部分共有型のデメリットで「階段部分、水まわり、パイプスペースなどのコア部分については、2階のプランを1階の部屋の配置に合わせる必要がある」とお伝えしました。なぜ合わせる方がいいのか、こちらについて詳しく解説していきます。

たとえば1階に親世帯が住み、寝室を北側の角に配置したとします。この場合、2階のリビングを北側に配置してしまうと、そこでの生活音が1階の寝室に響いてしまうこともあります。生活時間にズレがあると1階で就寝している親世帯は安眠できません。ですから、1階の空間配置に考慮して2階の間取りを考える必要があると言えるでしょう。なお、完全分離型・上下階で分かれて暮らす場合も同様に考えられます。

また完全分離型で水まわりの配置を考える際、上下階の同じような位置に水まわり空間がまとまってあると、無駄な配管スペースを少なくすることができます。もしもの時(上階設備からの漏水)に下階に居室がないため、生活に支障をきたさないなどのメリットもあります。

以上のように二世帯住宅は考慮することが多くあります。アイシン開発のホームページではオーナー様のお宅を施工事例でご紹介してます。二世帯住宅を実現されたオーナー様のインタビューも掲載していますので、家づくりのきっかけや間取り、こだわりなどについてぜひ一度ご覧ください。

 

 

都市開発事業本部 住宅部 
設計・施工グループ 設計チーム
太田和紀

2008年にアイシン開発に入社した当時は、建設事業本部に在籍。そこではビルや工場などの建設現場で用いられる施工図の作成に従事。その後、住宅部に異動して戸建ての設計を担当することになった。設計に取り組むにあたっては、快適空間の提供を第一に考え、その実現ためには、お客様とのヒアリングでこだわっているポイントを的確に抽出することに力を注ぐ。担当物件数は数十件を超え、そのすべてに思い入れがある。

CONTACT お気軽にお問い合わせください