お問合せ / 資料請求お問合せ / 資料請求 モデルハウス見学来場予約
アルバックス 注文住宅・分譲住宅

MENU

  • TOP
  • コラム
  • 不動産会社と住宅会社、どちらに土地探しをお願いするのが良い?理想の会社を選ぶ“コツ”をご紹介

不動産会社と住宅会社、どちらに土地探しをお願いするのが良い?理想の会社を選ぶ“コツ”をご紹介

皆様は家を建てる、土地を探すと聞いて、どのような会社を思い浮かべますか?「不動産会社」をイメージされる人は多いかもしれませんが、家における土地探しのパートナーには、「住宅会社」も選択肢のひとつに入ります。

土地をお持ちでない方にとって、家づくりの出発点とも言える土地探し。だからこそ、土地を扱う「不動産会社」「住宅会社」それぞれの特徴を知っておくことが大切です。今回は不動産会社についての解説と、“土地の専門家”であるアイシン開発の強みについてご紹介させていただきます。

 


 

地域密着型の不動産会社は、掘り出し物件が見つかる可能性も

マイホームの計画を立てる時、土地を所有していなければ土地から探し、住宅会社や工務店などの建築会社も選ばなければなりません。土地を扱うのは不動産会社ですが、全国的に知名度のある大手と、地元に根ざして営業している地域密着型のふたつに区分けできます。それぞれどんな特徴を持っているのでしょうか。

 

大手不動産会社

扱っている土地情報が多い。ただし、不動産業界全体で共有されている土地情報が多く含まれているので、気になっていた土地がすぐに売れてしまうことも珍しくない。

・支店間のつながりを生かし、広域で探すことができる。

・キャンペーンなどを実施することもあり、その期間に契約すれば特典がもらえることもある

・タレントを使ったテレビCMを流しているので、ネームバリューがあり、大きな買い物をする際になじみがあり、安心感を与えてくれる。

・比較的若いスタッフが多く、「家を持ちたい」と考えている世代と話が合いやすい。

 

地域密着型の不動産会社

地元の地主から直接販売を頼まれた物件が豊富。大手が扱っていない掘り出し物の土地に巡り合える可能性もある。

・不動産会社と地主との絆が強いため、担当者が物件のことをよく把握している。

・交通量や災害、治安の良し悪し、生活に便利な商業施設の場所など、地域の特色に詳しい。

・特定の地域で長年営業しているので、地域の土地相場をしっかり分かってくれている。

・物件が出やすいエリアなのか、出にくいエリアなのかを把握されている。

 

「なるべく実家から離れたくない」「希望の学区での生活がしたい」など、特定のエリアでの土地をご希望の方は、まず地元の不動産会社を頼ると良いと思います。また、希望のエリアを複数検討している方は、広域情報に強い大手不動産会社を訪ねてみましょう。

 


 

アイシン開発では、土地の専門チームが住宅用地を仕入れる

土地探しは不動産会社を訪問して直接スタッフと相談するのが基本ですが、最近は不動産情報が集まった「スーモ」や「アットホーム」などのWEBサービスを使って探す人も増えています。ほしい情報は、市区町村、価格、面積、駅からの徒歩分数、建築条件の有無などを入力して検索するだけで簡単に情報が見つけられますが、土地を写真や図で見てもなかなかイメージがつかみにくかったり、土地価格以外で大きな費用が発生する場合もあったりするなど、この点はデメリットです。

住宅会社の中には土地も扱っている会社があり、アイシン開発はこれに当てはまります。当社では土地を仕入れる専門チームがあり、そのメンバーが住宅用地の情報を常に収集。また、大型物件の取引事例が多いため取引先の会社からも情報をいただくことが多く、仕入れ体制が整っています。

 


 

住宅会社は、お客様の理想の家が建てられることを念頭に土地を探す

アイシン開発のような地域密着型の住宅会社は、土地を探す上でどのようなメリットがあるのでしょうか。

希望に合った家を建てられる土地を探してくれる

仮に不動産会社で条件に合った土地が見つかったとしても、その土地で希望通りの家が建てられるとは限りません。土地は場所によって様々な法規制などが設けられており、その土地に対しての制限を守りながら希望通りの家が建てられるかどうかは、建築を行う会社でなければ判断が難しいでしょう。

また、建築に関する費用についても不動産会社は詳しくないこともあるため、着工前になって実は地盤改良工事が必要になり、予定外の支出が出てしまったという事例もあります。

窓口がひとつで済むので、手間と労力が省ける

土地探しと建築を別の会社に依頼すると、それぞれの会社とやりとりしなければなりません。ひとつの会社で土地探しと建築が依頼できれば、窓口が1社になり、やりとりがラクになります。

価格がより明確で、予算内に収まりやすい

不動産会社で予算内の土地が見つかったとしても、建築会社に依頼した建築費の折り合いがつかないケースもあります。しかし、住宅会社だと、土地+建物のトータル予算をわかった上で提案してもらえるので、予算内でうまく収まりやすいです。

仲介手数料がかからないこともある

不動産会社から土地を購入するとほとんどの場合、仲介手数料が発生する場合があります。一方、住宅会社での建築を条件に土地を探してもらうと、仲介手数料が割引、もしくはかからないことがあります。また、住宅会社がすでに分譲地として所有している土地を購入する場合は、仲介手数料は発生しないため諸費用がおさえられます。

 

 

アイシン開発がご提供する土地は、厳しい社内基準をクリアした土地のみをご提供しております。活断層の存在や、液状化のリスク、洪水ハザードの該当、土壌汚染の有無などがないよう、すべてチェックしています。もちろん、日当たりや騒音問題、景観、道路幅員などについても、すべて調査済み。「品質至上」の理念にもとづいた仕入れを行い、安心・安全な土地だけをご提供しています。

 


 

理想の土地に出合うためにも、求める条件に優先順位をつける

最後に、土地も扱う住宅会社であるアイシン開発から、土地を探している方に「これだけは知っておいてほしい」というポイントがあります。それはズバリ、すべてのご要望が叶う理想の土地が見つかる可能性は低いということです。

面積、価格、駅までの距離、生活に必要な施設が整っていることなど、ご要望をすべて満たす土地は、見つけることが本当に困難。だからこそ、土地探しでは優先順位を設けていただきたいのです。

例えば複数路線が乗り入れする第一希望のA駅近くの土地が3000万円だとします。そこから少し離れ、電車の本数もそれほど変わらないB駅近くの土地の場合、2000万円で見つかる場合もあります。

この場合、A駅に強いこだわりがなければ、B駅近くで土地を購入し、資金を建物に回すことができます。また、人によっては駅が近いことよりも、スーパーなどが近所にあった方が生活しやすかったりもするので、優先順位の入れ替えも考慮しながら、土地選びを進めるのもひとつです。

土地探しのハードルが高くても、アイシン開発は理想に近い土地を探すための努力を惜しみません。どれだけご要望に添えるかどうかは、私たちの腕の見せどころです。

執筆者プロフィール

都市開発事業本部 住宅部
営業グループ 営業チーム
大府展示場 担当員
田中昌幸

アイシン開発に入社したのは2010年。お客様とのご縁を大切にし、何ができるかを考え日々奔走中。マイホームの購入は人生の中で一番高価なお買い物。お客様と常に同じ視点に立ち、夢を実現するまで寄り添いサポートすることを心情としている。営業で心掛けている事は「とにかく分かりやすく、丁寧に情報を伝える」こと。プライベートでは、スーパー銭湯のサウナでくつろぐことや、飲食店巡りが好き。妻、娘、ミニチュアダックスと暮らしている。

CONTACT お気軽にお問い合わせください