お問合せ / 資料請求お問合せ / 資料請求 モデルハウス見学来場予約
アルバックス 注文住宅・分譲住宅

MENU

  • TOP
  • コラム
  • 暮らしに“ゆとり”を生み出す収納のポイントは?住まい方に合わせて無理なく片付けられる工夫を

暮らしに“ゆとり”を生み出す収納のポイントは?住まい方に合わせて無理なく片付けられる工夫を

「なるべくモノを増やさないように注意していても、リビングが散らかってる…」「断捨離でいらないモノを捨てたいけど、選別するのも大変…」。このような片付けへの悩みを抱かないためにも、住宅の間取りを決める際に“収納計画”をきちんと考えておくことが大切。家づくりを進める際、片付けやすくて暮らしやすい住まいを重要視される方はとても多く、見た目、使いやすさ、動線など、あらゆる視点から収納計画を決めていきます。そこで今回は、“便利な収納”をテーマに解説していきたいと思います。

 


 

現在はもちろん、将来の住まい方に合わせた収納計画を

広い収納をたくさんつくることが、賢い収納計画でしょうか。確かに広い収納がたくさんあれば、より多くのモノを片付けることはできます。一方で、収納に余裕があるから無駄にモノが増える原因にもなってしまうこともあるでしょう。

アイシン開発では、収納計画を立てる上で、現在どのような生活スタイルで暮らしているかを必ず伺います。例えば、「外出時や、出かける時にリビングで身支度を整える」という人なら、リビングにクローゼットがあると支度が効率的に進むでしょう。またお子様がいる場合、ベビーカーが玄関先に収納できると便利です。

現在の生活スタイルだけでなく、モノをどれだけ所有しているのか、さらにそれがどれくらいの頻度で使われるのか、新居に必要なのかどうかもヒアリング。もちろん、「片付けが苦手」「趣味で集めているコレクションを置くスペースがほしい」など、収納について困っていることも明確にしなければなりません。このように、今の生活を振り返りながら、新しい家ではどのような生活空間が必要で、どのような生活スタイルで暮らしてみたいのかもイメージしていただくと、収納の最適な場所や数、広さが見えてきます。

 


 

間取りの参考にしたい、人気の収納アイデアをご紹介

これまで、アイシン開発はお客様に合わた数々の収納計画をご提案してきました。その中でもおすすめの収納アイデアをご紹介しますので、ぜひ家づくりの参考にしてください。

必要に応じた大きさの収納をたくさんつくる

廊下、キッチン、玄関、サニタリー、リビング、ダイニング、寝室など、生活空間ごとに必要に応じた大きさの収納を設置。それぞれの空間で必要となるモノを仕分けでき、スムーズに取り出すことができます。

シューズインクローゼット

玄関脇に設けられた、土間続きの収納のこと。靴を履いたまま入ることができる収納スペースとしての意味も持ち、靴以外にも傘やベビーカー、アウトドア用品などを入れておけます。また、通勤・通学で毎日使うモノも置いておけるので便利。なお、スペースを広く取ってウォークスルー型にすれば、内側で靴を履いたり脱いだりも。靴が散乱しがちな玄関をスッキリさせるには最適です。

パントリー

食品や出番の少ない調理器具・食器をストックしておく、いわゆる“貯蔵庫”。パントリーがあれば、キッチンが広く使えて、調理もはかどります。

リビング収納

家族が集まるリビングは、家電備品、書類、本、お子様のおもちゃ、常備薬など、多くモノが集まり、生活感が出やすいです。リビングが散らかっていたら、ゆったりくつろぐ気分になれません。だからこそ、リビングに収納スペースを設け、生活用品を手軽に収納できるように工夫するのがおすすめ。

廊下・階段下収納

掃除道具や衛生用品の収納として活躍。廊下・階段下収納は、奥行きのある設計になることが多いので、普段使う機会が少ないモノを収納しておくことができます。最近は、防災グッズを収納する方も増えています。

洗面所・脱衣室収納

洗面所と脱衣室は、家の中のスペースとしては小さいですが、ここだけで使う細かなモノでいっぱいになります。専用の収納を活用して、見栄えをよく、さらに清潔感も保てるように。

 

ひとくちに収納と言っても、お客様の住まい方によってアイデアがいろいろ。アイシン開発は、生活動線、家事動線を考え、生活しやすく、生活感が出にくく、魅せることも考えられた収納計画をご提案させていただきます。

 


 

アルバックスホームの“収納”をモデルハウスで体感しよう!

どれくらいの大きさの収納で、どれほどのモノが片付けられるのかを理解するには、実際に見てみるのが一番!収納はどこに設置すると使い勝手がいいのかも、実物を見ることでイメージが湧いてくるかと思います。そこで、おすすめしたいのが、モデルハウスの見学。アイシン開発では、大府市の中京テレビハウジング内にモデルハウスを構えているほか、リアルサイズで建てられた「街中モデルハウス」を展開。特に、「街中モデルハウス」は一般的な住宅のサイズで設計していますので、具体的な参考にしていただけるかと思います。

アルバックスホームの収納率は11%以上

床面積に対する収納面積の割合を示す収納率は、8〜10%が一般的です。これに対し、アイシン開発のアルバックスホームは11%以上の収納計画をご提案いたします。

高浜市街中モデルハウスは15%で設計。例えば玄関、シューズインクローゼット、パントリーまでの生活動線がつながっており、これならお買い物から帰ってきたら、買ったモノをすぐにストックできます。また、パントリーからキッチン、洗面・浴室にもつながっていますので、家事の際移動が楽になります

この高浜市街中モデルハウスの家事動線は、そのまま家づくりに採用される方もいらっしゃいます。また、自由設計のプランなら2✕4(ツーバイフォー)工法特有の細かなピッチ調整によって、収納の奥行きのサイズを変えることも可能。片付けが苦手な方には、奥行きを小さくした収納をご提案しています。

 

住まい方に合った収納計画を実現することで、暮らしの快適さがますますアップ。「とりあえず」という考え方で広い収納をたくさん設けるのではなく、適材適所の考え方で収納計画を考えていきましょう。

執筆者プロフィール

都市開発事業本部 住宅部
営業グループ 営業チーム
大府展示場 担当員
田中昌幸

アイシン開発に入社したのは2010年。お客様とのご縁を大切にし、何ができるかを考え日々奔走中。マイホームの購入は人生の中で一番高価なお買い物。お客様と常に同じ視点に立ち、夢を実現するまで寄り添いサポートすることを心情としている。営業で心掛けている事は「とにかく分かりやすく、丁寧に情報を伝える」こと。プライベートでは、スーパー銭湯のサウナでくつろぐことや、飲食店巡りが好き。妻、娘、ミニチュアダックスと暮らしている。