お問合せ / 資料請求お問合せ / 資料請求 モデルハウス見学来場予約
アルバックス 注文住宅・分譲住宅

MENU

  • TOP
  • コラム
  • 「高気密」「高断熱」が快適生活の実現に必要な理由は?光熱費の節約にもつながる住宅性能を解説します

「高気密」「高断熱」が快適生活の実現に必要な理由は?光熱費の節約にもつながる住宅性能を解説します

最近になって多くの住宅会社の広告でも見かけるようになった、高気密・高断熱という言葉。「暖かさや涼しさがキープできる」。恐らく、そのようなイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか。今回は、高気密・高断熱の仕組みを解説しながら、その重要性と、アイシン開発の住宅性能も合わせて紹介したいと思います。

 


 

快適性と安全性を兼ね備えた「高気密・高断熱」の住宅

高気密・高断熱の住宅は、省エネ性、耐久性など、あらゆる面で高い性能を誇ります。さらに家族の健康を守ることにも効果を発揮。こうした多彩なメリットが快適な暮らしの実現に結びついているのです。

ここでは、高気密・高断熱のそれぞれがもたらす効果を解説します。

高気密

気密性が高いということ。つまり、可能な限り隙間をなくした住宅です。家はたとえ技術力のある職人さんが建てたとしても建築地で施工するので、壁や天井、床、窓枠などに小さな隙間ができ易く、隙間からは、冬になると外の冷たい空気が入り込み、室内の暖かな空気が逃げてしまいます。夏は冷やした室内の空気が逃げ、外の熱い空気が入り込む。これでは室内の快適温度をなかなか保つことができず、エアコンの力に頼り切ることになります。だからこそ、精度の高い建築資材や断熱材、防湿シート、気密テープなどを使って、隙間ができないようにし、気密性を高めるということが重要です。

高断熱

断熱とは、熱の移動を遮断すること。熱の多くは窓や壁を通じて家の中に伝わります。断熱性能が十分でないと、夏は熱気をたくさん受け入れてしまい、冬は冷気をたくさん受け入れてしまいます。つまり、断熱性能を高め、熱の移動を極力減らすことができれば、室内の快適さは保てるということです。そこで、外壁と内壁の間に熱気や冷気を伝えにくくする断熱材を充填。また、遮熱性の高い窓を取り付けることで、より快適に過ごせるようになります。

 

断熱性能をしっかり確保して熱の移動を抑えたとしても、気密性が低くて家に隙間があっては空気がどんどん出入りしますので、結局エアコンがフル稼働。だからこそ、高気密・高断熱はセットで考えておくべきです。

 


 

「W断熱(外断熱+内断熱)」と「Wサッシ」で、快適で安全な住宅に

断熱の工法は、外断熱と内断熱の2種類アイシン開発では、外断熱・内断熱の両工法を併用させた「W断熱」を取り入れており、これが代名詞ともなっています。もちろん、「W断熱」だけでもすぐれた気密性能と断熱性能を発揮しますが、さらに窓から侵入する熱を抑えるために「Wサッシ」も採用し、もうワンランク上の快適生活をご提案しています。

それでは、「W断熱」と「Wサッシ」を順に解説しましょう。

外断熱・内断熱を併用した「W断熱」

先ほど断熱には外断熱と内断熱の2種類があり、これらを併用する工法が「W断熱」と紹介しました。

外断熱とは?

外断熱とは外壁材の裏側に断熱材を設置して、建物全体を包み込む工法。気密性がよくなり、熱が逃げません。また、防湿性にもすぐれていて、結露が起こりにくいことからカビや錆の発生が抑えられるのも、うれしいポイントです。

アイシン開発の外断熱材は、発泡プラスチック系の断熱材である30mmのポリスチレンフォームを使用。これは吸水性が低く、湿気の影響を受けにくい断熱材です。また、熱伝導率も低いので、熱の移動の遮断にも十分期待できます。加えて耐久性も◎です。

内断熱とは?

対して、内断熱は断熱材を建物の内側に入れる工法です。プラスチック、吹き付け、天然系繊維などの断熱材を、柱や門柱の隙間に入れて断熱を図ります。アイシン開発は、すき間なく施工ができる発泡ウレタンフォームの吹き付けにて断熱しています。テレビ番組で職人さんがハンディガンを使った吹き付けを行うシーンをご覧になった方もいるのではないでしょうか。吐出口から発せられる小さな泡の集合体が発泡することで、柱や梁の隙間が埋まり、高い気密性をキープします。

アイシン開発は外断熱✕内断熱の「W断熱」を採用

アイシン開発では、家の外側と内側から断熱を行う「W断熱」で、一般的な外断熱・内断熱工法をはるかに上回る断熱性能を誇ります。また、経年劣化が少ない固形の断熱材を使用しておりますので、新築時の性能を長く維持することも可能。一年中快適な室内環境を実現しています。

防音、防犯、防結露を実現する「Wサッシ」

「Wサッシ」とは、家の中で熱損失が最も多い開口部でサッシ(窓)を二重にした工法のこと。外窓と中窓の間に空気層がつくられ、高い断熱性はもとより、結露対策や防音性が高くなります。「Wサッシ」によってもたらされる効果を、もう少し詳しく解説していきましょう。

防音性にすぐれている

Wサッシは高い遮音性能を持っていますので、クルマや電車の走行音、工事現場の作業音なども気になりません。もちろん、室内からの音を外に伝えにくくするため、家族のプライバシーを守ることもできます。

防犯性が高い

空き巣は、窓ガラスを割って室内に侵入することが多いのですが、Wサッシは二重の窓で構成されていますので、ガラスを割るのに時間がかかります。つまり、侵入に時間がかかり、空き巣に狙われにくい効果もあります

結露に強い

二重サッシの間につくられる空気層で、壁内結露が発生しづらくなります。結露は建材の劣化を誘発するので、結露を抑えることは、建物の寿命を延ばすことにつながるのです。

 


 

あらゆる心配を解決する「W断熱」「Wサッシ」の住宅

アイシン開発はここまでご説明した、「W断熱」と「Wサッシ」を併用したハイブリット工法を採用。2つの工法が組み合わさることによる室内の快適さはもちろん、あらゆる面でメリットが満載です。

優れた断熱性能&気密性能

家全体の断熱性能は、UA値(単位W/㎡・K)という数値で表すことができます。アイシン開発の「W断熱」+「Wサッシ」のUA値は、0.51W/㎡・Kで、これは寒さの厳しい東北地方の基準値に相当。ちなみに、愛知県の基準値は0.87W/㎡・Kです。UA値は数値が小さいほど断熱性能が高いことを示しているので、寒冷地基準を誇る「W断熱」+「Wサッシ」の家であれば、冬場でも家の中はポカポカになります。

また、アイシン開発では品質の裏付けとして、完成後に気密測定技能者による気密測定を全邸行っています(※BSパッケージは除く)。

省エネ効果が高い

最初の段落で、気密性と断熱性がよくないと、快適温度の確保はエアコン頼みになるとお伝えしました。逆に、気密性と断熱性がよいほどエアコンの使用は抑えられ、電気代が節約できます。例えば「東海エリア」「アイシン開発の家」の年間の電気代を比較したところ、以下の結果となりました。

  • 「東海エリア」の年間の電気代/平均178,230円(年)
  • 「アイシン開発の家」の年間の電気代/104,468円(年)

年間の差額は、何と73,760円。月平均に換算すると、約6,000円も節約できます。

家族の健康を守る

急激な温度変化によって血圧が大きく変動し、失神や心筋梗塞、脳梗塞などをもたらしかねないヒートショック。もし各部屋の室温がある程度一定に保たれていたら、部屋を移動した際、体に大きな負担がかからず、結果的にヒートショックを防ぐことができます。

全熱交換器「ロスナイ」によって、省エネ性能&健康性能はさらにアップ

アイシン開発では、住宅の省エネ効果&健康効果をさらに高めるため、各居室に全熱交換器「ロスナイ」の設置を行っています(※ABグレード)。

どの家にも設置される一般的な換気扇は、室内の暖かい、もしくは冷たい空気をそのまま室外に排出します。また、排出する際に、夏は熱気、冬は冷気を取り込んでしまうので、エアコンが稼働していても室温がなかなか快適に保たれません。一方、「ロスナイ」は給排気を同時に行い、室温に近い状態で新たな空気を室内に供給。そのため、エアコンの稼働に負荷をかけることがなく、電気代を抑えて高い省エネ性能を実現します。

「ロスナイ」の空気清浄換気機能も見逃せません。皆さんは換気のために窓を開けると思いますが、実はこのとき、新しい空気と同時に小さなホコリも入ってきます。「ロスナイ」は、空気を取り込む際にフィルターを通すため、そこでホコリをシャットアウト。花粉はもちろん、ウイルス対策にも効果的です。

 

希望の間取りや設備に囲まれた暮らしも快適性の実現に欠かせません。しかし、住宅の性能面にも目を向けてみると、もっと快適に暮らせるようになりますので、ぜひ検討材料に加えてみてください。

 

 

執筆者プロフィール

都市開発事業本部 住宅部
営業グループ 営業チーム
大府展示場 担当員
田中昌幸

アイシン開発に入社したのは2010年。お客様とのご縁を大切にし、何ができるかを考え日々奔走中。マイホームの購入は人生の中で一番高価なお買い物。お客様と常に同じ視点に立ち、夢を実現するまで寄り添いサポートすることを心情としている。営業で心掛けている事は「とにかく分かりやすく、丁寧に情報を伝える」こと。プライベートでは、スーパー銭湯のサウナでくつろぐことや、飲食店巡りが好き。妻、娘、ミニチュアダックスと暮らしている。

CONTACT お気軽にお問い合わせください