お問合せ / 資料請求お問合せ / 資料請求 モデルハウス見学来場予約
アルバックス 注文住宅・分譲住宅

MENU

  • TOP
  • コラム
  • 家づくりに大切な「保証」「アフターサービス」「税金」。入居後も続く住宅会社とのお付き合い

家づくりに大切な「保証」「アフターサービス」「税金」。入居後も続く住宅会社とのお付き合い

新居で快適な暮らしを送るためには、入居前に「入居後」の生活を想定しておくことも大切です。そこで今回は、アイシン開発の「保証」と「アフターサービス」、そして入居後に発生する「税金」についてお話ししましょう。

 


 

デザインや性能だけじゃない!住宅会社の「保証」と「アフターサービス」をチェック

デザイン、プランの自由度、予算、住宅性能など、家づくりに求める条件は人それぞれ。中には保証やメンテナンスを含めたアフターサービスが充実している住宅会社を、家づくりのパートナーに選ぶという方も多いでしょう。

せっかく手に入れたマイホームなので、家族がいつまでも長く快適に暮らせるかどうかも大切ですよね。例えば大手ハウスメーカーの保証とアフターサービスは内容が充実しており、経営基盤も盤石なので「建てた後に倒産する心配がない=保証とアフターサービスが途切れない」という安心感をお客様に提供しています。

一方で、近年では事業規模の小さな工務店や設計事務所も、保証とアフターサービスを充実させる傾向に。専用ダイヤルを開設し、自社のメンテナンスチームを用意して、お客様に安心していただける体制づくりが進められています。

 


 

アイシン開発の保証とアフターサービスは?

アイシン開発はお客様より「保証とアフターサービスが頼もしい」と、声をいただくことも多いです。ここではアイシン開発がご用意する、保証とアフターサービスについてご紹介します。

住宅瑕疵担保責任保険

住宅会社が新築住宅を施主様主に供給する際、引き渡しから10年間は、瑕疵(欠陥)の補修を行うという保証制度です

10年間無償の定期点検

引き渡しから10年間は、アイシン開発のアフターサービスチームが無償で定期点検を実施。点検スケジュールは引き渡しから2カ月、11カ月、23カ月、5年目、10年目となっています。その際に確認された建具やサッシの閉まり具合の調整といったその場で修繕できる内容については無償で対応。

10年目に修繕しておくとよいこと

  • 外壁のシーリング部分の打ち替え
  • バルコニー等のFRP防水層の貼増
  • 床下の防議処理

最長30年間の長期保証

10年目以降の定期点検は有償となりますが、定められた時期にメンテナンス・補修工事を行なっていただくと、引き渡しから最長30年目まで保証を継続することができます。

アイシン開発では、保険事業も行っているため、火災・地震保険もお値打ちにご提供。保険も扱うことで、保証・アフターサービスと合わせて、お客様の安心感をより高めることができます。また、「アルバックスホーム購入者割引」が適用されるので、保険料は割安になり、多くのお客様よりご好評をいただいております。

 


 

新築の入居後には、2種類の税金が発生します

保証・アフターサービスと合わせてもうひとつお伝えしておきたいのが、入居後に発生する「税金」についてです。

入居後に支払う税金は、固定資産税と都市計画税。これらは毎年納めることが義務付けられている税金で、お住まいの市町村から納付書が届きます。納期は年4回ありますが、一括納税も可能。なお、支払い方法の違いによって金額は変わりません。

 

固定資産税

毎年1月1日現在、土地や家屋の不動産を所有している人に課せられる税金。固定資産税の基準となる固定資産税評価額に1.4%(標準税率)を乗せて、固定資産税額が算出されます。

新築、または増築した住宅に入居すると、固定資産税の評価額を調べるために、家屋実地調査士が来て、建物の構造や間取り、壁、天井、床、生活設備(キッチン、風呂、トイレなど)の状態や質を確認します。調査後、その結果が点数化され、評価額に反映されるという仕組みです。

実際にあった話ですが、ある住宅の調査で大理石風の床を見た調査員が、本当にフェイクなのか大理石なのかどうかを細かくチェックしたそうです。大理石のように高価な材料を仕上げなどに使うと、「家の価値が高い」と判断され、固定資産税額が若干上がります。

都市計画税

自治体の都市計画事業や土地区画整理事業に必要な費用として、毎年1月1日現在での土地・家屋の所有者に課税される税金。原則市街化区域に土地・建物を所有している人が課税の対象です。都市計画税額は、固定資産税評価額に税率(上限0.3パーセント)を乗せて算出され、税率は市町村によって異なります。

 


 

引き渡しの後も続く、お客様と住宅会社の良い関係

アイシン開発では、販売先行という考えではなく、アフターサービスを確実に行える適正な販売棟数を心がけております。住宅会社とお客様のお付き合いは、引き渡して終わりではありません。「家を建てて終わり」ではなく、その後も長く、良い関係を継続させていただきたいと思っています。

また、アイシン開発には「アイシンリブラン」というリフォーム部門があり、愛知県内4店舗でこれまでに5万軒以上のリフォームを手がけ、数多くのコンクールで受賞もいただきました。家族のライフスタイルに変化が起きた時も、建てた時と同じ会社がリフォームを手がけるので、より安心していただけると思います。

 

 

執筆者プロフィール

都市開発事業本部 住宅部
営業グループ 営業チーム
大府展示場 担当員
田中昌幸

アイシン開発に入社したのは2010年。お客様とのご縁を大切にし、何ができるかを考え日々奔走中。マイホームの購入は人生の中で一番高価なお買い物。お客様と常に同じ視点に立ち、夢を実現するまで寄り添いサポートすることを心情としている。営業で心掛けている事は「とにかく分かりやすく、丁寧に情報を伝える」こと。プライベートでは、スーパー銭湯のサウナでくつろぐことや、飲食店巡りが好き。妻、娘、ミニチュアダックスと暮らしている。