お問合せ / 資料請求お問合せ / 資料請求 モデルハウス見学来場予約
アルバックス 注文住宅・分譲住宅

MENU

  • TOP
  • コラム
  • 【前編】「ハウスメーカー」「工務店」「設計事務所」どこに依頼するのがいいの?各社の特徴を比較します!

【前編】「ハウスメーカー」「工務店」「設計事務所」どこに依頼するのがいいの?各社の特徴を比較します!

「おしゃれな家に住みたい!」「最近は機能性の高い住宅があるって聞くけど?」「地震に強い家じゃないと不安」など、マイホームへの悩みは尽きないですよね。まずは、家づくりをどこにお願いするか”を考えることから始めてみましょう。

注文住宅を建てる会社は、大きく分けて「ハウスメーカー」「工務店」「設計事務所」に分けることができます。家づくりの依頼先を選ぶ際は、各社の特徴を知ることが大切。そこで今回は前編・後編に分けて、「各会社の特徴」と「アルバックスホームの特徴」について詳しく解説したいと思います。

 


 

家づくりの依頼先選びは、それぞれの特徴を知るところから

「家づくりのパートナー」を考えることは、理想の住まいを叶えるためにはとても重要。「ハウスメーカー」「工務店」「設計事務所」はそれぞれ長所と短所があり、まずは各社の特徴を理解する必要があります。

ハウスメーカーとは

テレビCMやネットなどの広告を通して認知度が高く、家づくりを始める人の多くが依頼先の候補に挙げるのではないでしょうか。全国規模で展開している会社として、設計や施工など一連の流れを効率的にシステム化。また工場で資材を加工することで、工期の短縮や品質の安定化を実現しています。その反面、住宅の仕様が規格化されていたり、設計の自由度が制限されたりすることもあります。

工務店とは

全国規模で事業を展開するハウスメーカーに対し、ある程度エリアを限定しているのが工務店。規模もさまざまで、数人で経営する小規模事業者から、規模の大きいフランチャイズ加盟店の工務店もあります。地域密着のスタイルで、住宅の仕様やプランに制限を設けていないことが多く、柔軟な対応が期待できるでしょう。

設計事務所とは

建築士が主体となって展開している企業で、住宅を含めた建物の設計と、その監理を行っています。具体的には、設計士が敷地形状や周辺環境に合わせ、間取り・外観・仕様を“0”から造るオリジナル性の高い住宅を建てることができます。設計のプランニングで差別化している会社が多いので、個性に満ちた一軒を建ててくれるでしょう。

 


 

“自由度”の高さで勝る「工務店」と「設計事務所」

「ハウスメーカー」「工務店」「設計事務所」は、依頼できる事などが異なります。家族の価値観や考え方と照らし合わせた上で、理想の家づくりを実現できるパートナーを知って見極めると良いでしょう。

ハウスメーカーのメリット

大企業ならではの安心感

資金力を強みに経営を安定化させ、多様なサービスを打ち出し頼りがいのあるパートナーというイメージを抱かせてくれるのがハウスメーカー。保証や点検・メンテナンスを含めたアフターサービスは特に充実しています。

家の品質が一定で、工期が早い

ハウスメーカーは、住宅(=商品)を規格化して、その一部分(ユニット)を工場で生産。商品を規格化し、工場で生産することにより品質が確保しやすくなります。また工場で住宅を造るため、建築現場での作業も軽減。そのため工期も短く、品質も安定しています。

工務店のメリット

軽快なフットワークと柔軟な対応力

営業範囲を特定のエリアに限定している工務店は、いわゆる地域密着型。フットワークの軽さと、融通を利かせる対応力が魅力的です。

設計事務所のメリット

個性に満ちた一軒に住める

「おしゃれでかっこいい家を設計してくれる」。設計事務所に対して、多くの人がイメージを抱いていると思います。設計事務所は、ハウスメーカーや工務店にはないプランニングが強み。個性が際立った一軒を建てることができます。

工夫を取り入れつつ、自由度も高い

工務店もゼロからプランを考えることができますが、斬新なアイデアやメリハリを付けた工夫は設計事務所が得意とするところでしょう。自由度が高い中でも、より技ありの一軒を設計事務所は叶えます。

 


 

知名度や安心感は、「ハウスメーカー」がリード

では次に、デメリットについて見てみましょう。

ハウスメーカーのデメリット

予算が高くなる傾向にある

ハウスメーカーは「テレビCM」などの広告宣伝費に経費をかけています。また、独自の技術開発にも力を入れているため、そこでの維持費も必要になるでしょう。このように、各種経費がかかる中で利益を出していくため、どうしても商品である建物代の金額が上がってしまうと言われています。

設計の自由度が低い

仕様が規格化された住宅は、品質の安定と工期の短縮というメリットがある反面、自由度に制約を与えてしまいお客様のご要望が叶わない可能性があります。また、ハウスメーカーが用意した規格を外れた独自のプランで進めると、思わぬコストアップにつながるデメリットも。

工務店のデメリット

経営の安定性に不安が生じる

一部の工務店は中小企業であることが多いので、経営の安定性は大手のハウスメーカーが有利。「もしも建てた後に倒産してしまったら、保証やアフターサービスはどうなるのか?」といった不安が生じます。また、会社によっては最新のデザインや仕様、設備の知識などの提案力が不足してしまっていることも。

長期保証に期待ができない

前述の「経営の安定性に不安が生じる」の理由にも関連しますが、大手ハウスメーカーでよく用意されている「30年保証」「生涯保証」といった長期の保証は、中小企業の工務店では難しいことが多いでしょう。

設計事務所のデメリット

予算が高くなる傾向にある

設計事務所は、お客様の要望をしっかり取り入れて設計を進めるので、構造上の問題がなければ望むこと全てを実現することができます。ただし、全ての要望を取り入れたら予算は上がるもの。そのため、「どこに予算をかけるのか」をうまく調整しなければいけません。

施工事例の見学が難しい

ハウスメーカーは、総合住宅展示場などにモデルハウスを設置。工務店も規模の大きなところは、一般住宅地に現実感のあるサイズのモデルハウスを構えています。ところが、設計事務所はモデルハウスを持っていないことが多く、施工事例は写真での確認がメイン。しかし、依頼する設計事務所が手がけた住宅の引き渡しが行われるタイミングに恵まれれば、内覧できることもあります。

迅速なメンテナンス対応が難しい場合も

設計事務所は施工を行っていないので、メンテナンス対応が遅れてしまう傾向にあります。会社によってはメンテナンスの窓口を請け負ってくれますが、住んでからの対応は設計事務所から施工会社に連絡をしてスタッフが駆けつけることになるでしょう。その際に施工会社の人員が手薄な場合は、修繕作業までに日数を要します。

 


 

「ハウスメーカー、工務店、設計事務所の違い」まとめ

ひとくちに家づくりと言っても、「ハウスメーカー」「工務店」「設計事務所」どこに依頼するかで進め方や仕上がりが大きく異なります。そして、何より大切なのは「信頼のおける会社に出会う」こと。会社の方針や、そこで働く人の想いを見極め、「ここなら安心して任せられる!」というパートナーをぜひ見つけてみてくださいね。

後編の記事では「ハウスメーカー」「工務店」「設計事務所」の3業態から見る、アルバックスホームの特徴についてご紹介したいと思います!

 

 

執筆者プロフィール

都市開発事業本部 住宅部
営業グループ 営業チーム
大府展示場 担当員
寺川恵子

入社当初は契約書の作成や入金管理を担当する事務職として勤務。大府展示場のオープンをきっかけに同所へ異動。受付や事務を経験し、営業職となる。営業キャリアは約10年。お客様の理想の生活や価値観などを共有し、お客様が本音で話せる雰囲気づくりを心がけている。性格は楽観的。休日は収集しておいたグルメ情報を頼りに飲食店を巡ったり、愛犬とのんびり過ごしたりすることが多い。宅建士の資格を所有。