お問合せ / 資料請求お問合せ / 資料請求 モデルハウス見学来場予約
アルバックス 注文住宅・分譲住宅
  • TOP
  • コラム
  • お悩みの方も多い【住宅ローン】について

お悩みの方も多い【住宅ローン】について

こんにちは。住宅部 営業チームの寺川です。
住宅購入時に多くの方が利用する住宅ローン。近年、住宅ローンを取り巻く状況は大きく変化しています。どこの銀行を選べばいいの?何を比較すればいいの?など、よくご相談いただきます。そんなお悩みにお応えして、今回は住宅ローンについてご紹介します。

住宅ローンとは?

銀行などからお金を借りて、住宅購入のために利用できるローンの事です。
住宅ローンの種類として、大きく分けて2つあります。

◆変動金利・・・金融情勢の変化によって、金利が変動していくタイプ。
【メリット】借入時の利が低いため、固定金利より支払いが安く済む
【デメリット】経済情勢によって金利が上がれば、支払いが増える可能性がある
◆固定金利・・・固定金利は大きく分けて2種類あります。
①一部の期間金利が固定されているもの(固定期間:3年、5年、10年等)
②支払いが終わるまでずっと固定されているもの(固定期間:35年)
【メリット】選択された期間、金利がかわらないので安心
【デメリット】固定された期間が長いほど金利が高い

この2つのどちらにするか決めてから、どの銀行にするか選ぶと良いでしょう。近年は金利が低いため、変動金利を選らばれる方が多いです。しかし、目先の金利が低いからといって安易に銀行を決めてはいけません。というのも、銀行によって住宅ローンを組むための諸費用や保険が違うからです。
諸費用とは、保証料・事務手数料など、保険は団体信用生命保険、癌特約、三大疾患特約などが銀行によって違います。銀行によっては保証料が必要なかったり、癌特約がはじめから付いていたりするので、各銀行の特性を理解して、各家族にあった住宅ローンを組む必要性があります。

実際の金利状況や各銀行の比較ポイントを知りたい方は、一度、大府展示場へお越しください。
他にも住宅ローンを組むことによって受けられる税制措置もご紹介いたします。
最近はネットで簡単に自分で調べられますが、ネットやご友人などの情報のみで決めずにプロにみてもらうのも大切です。
金利や銀行の特性、税制面を理解し、自分達にあった一番ベストな銀行を探していきましょう。
ご来場予約はこちらから>

CONTACT お気軽にお問い合わせください