ALBAX

お問合せ / 資料請求お問合せ / 資料請求 モデルハウス見学来場予約
アルバックス 注文住宅・分譲住宅

MENU

  • TOP
  • コラム
  • 住宅会社に良いプランを提案してもらうためには?“理想の暮らし”を共有する手段や方法を解説します!

住宅会社に良いプランを提案してもらうためには?“理想の暮らし”を共有する手段や方法を解説します!

間取りや外観・内装を考えるプランニングは、“カタチ”のないものを“カタチ“にしていく大切な工程です。住宅会社から提案されるプランを初めて見る瞬間は、ワクワクするのではないでしょうか。

家づくりの工程ではお客様と住宅会社が良い関係を築き、共に理想をカタチにしていくことが大切だと思っています。そこで今回は、「住宅会社に良いプランを提案してもらうためには?」をテーマに、アイシン開発では日頃からどのように住宅のプランニングを行っているかをご紹介したいと思います。

 


 

悩みやイメージをしっかりと共有し、理想的な“暮らし”を共有する

今回は、テーマに対する結論からお話します。ズバリ、住宅会社に良いプランを提案してもらうには、「お客様の想いをしっかり伝えること」が大切です。

アイシン開発では、お客様に合ったプランを考えるために、何点かご質問させていただいております。そのヒアリングに対して具体的にご回答いただくことで、お客様の「お悩み」「イメージ」を共有するきっかけとさせていただいております。

ではどのような質問をさせていただくのか、一例をご紹介させていただきたいと思います。

今暮らしている家について

間取り、部屋数、立地条件などの基本情報はもちろん、今の家でどのような暮らし方をして、どこに不満を感じているのかをお伺いします。例えば「モノがあふれてしまう」という不満点は、裏返すと改善すべき点であり、プランをつくる上では重要なヒントになるのです。

ご家族の生活スタイルについて

家族構成や年齢、趣味などをお伺いします。趣味の内容に応じてプランニングも変わってきます。なお、二世帯住宅の場合は、親世帯についても同様にご質問させていただきます。その他にも、子ども部屋の間仕切りや将来のリフォーム予定についてもご希望があれば、よりご提案がふくらみます。

その他、ご家族様それぞれの生活スタイルをお聞かせいただければ、生活しやすいプランのご提案も可能です。

理想のマイホームについて

必要な部屋数と広さや収納量、外観や内装のデザインイメージ、その他譲れない条件や憧れの暮らし方についてお伺いします。また、リビングを通って2階に上がりたいか、それとも玄関からすぐ上がれるようにしたいかも外せないポイントでしょう。なぜなら、階段の位置によって間取りが大きく変わるからです。

 

今のご自宅やご家族、生活スタイルといった現在の内容については、比較的具体的にお答えできるのではないでしょうか。一方で未来のこと、まり理想のマイホームについては、具体的にイメージを伝えるのはなかなか難しいかもしれません。家づくりの打ち合わせを重ねながら、少しずつ具体的なお話へと固めていければと思ってお話しさせていただいております。

 


 

現実的なサイズのモデルハウスを見ると、イメージがより鮮明になる

アイシン開発では新しい家のイメージをしっかり固めていただくためにも、総合住宅展示場のモデルハウスではなく、“現実的なサイズの土地”に、“現実的な間取りと設備”で建てられた街中モデルハウスの見学をおすすめしています。

これまで、アイシン開発で建築されたほとんどの方にご見学していただき、家づくりの参考にし、実際に取り入れてくれた方もいらっしゃいます。アイシン開発の「住宅展示場」「街中モデルハウス」について書かれたコラムもありますので、参考にご覧ください。

複数の住宅メーカーが集まる「住宅展示場」は家づくりの第一歩!モデルハウスの“見るべきポイント”や“情報を集めるコツ”を整理しておきましょう

 


 

家事動線への配慮と、趣味空間を盛り込んだプランは人気

良いプランとは、当然お客様によって異なります。ここではアイシン開発で特に「お客様にお喜びいただいたプラン」をご紹介したいと思います。

家事をスムーズにする動線に配慮したプラン

施工事例/刈谷市 M様邸/趣味を楽しみ、家事をスマートに。家族のライフスタイルを尊重する家。

キッチンや洗面所(ランドリールーム)、洗濯物を干すスペースを近くに配置し、作業効率を高め、家事全体にかかる時間を削減。洗濯物を2Fのバルコニーに干すか、1Fの庭に干すかによって間取りが変わってくるので、どちらに干したいか、希望を事前にお伝えいただけると良いでしょう。

趣味を楽しむ空間の提案が盛り込まれたプラン

施工事例/安城市 K様邸/本格的な茶室と抜け感のあるリビング。夫婦の趣味が豊かになる家。

以前私がお世話させていただいたお客様の中に、お茶をたてて嗜むことが好きな方がいらっしゃいました。私は「せっかく注文住宅を建てるなら」ということで、本格的な茶室をご提案し、お客様の趣味を楽しむ暮らしが実現し大変喜ばれました。施工後の画像がこちらの記事で公開されています。

ほかにも、自転車と釣りが趣味の方に、道具を片付けておける玄関収納を提案した事例もありますので、そちらも合わせてご覧ください。

施工事例/豊明市 K様邸/機能性・デザイン性を兼ね備えたオンリーワンハウス


 

営業担当が現在のお宅にお邪魔して、“暮らし”を分析させていただいた事例も

冒頭で、「お客様の想いをしっかり伝えること」が、より良いプランの提案につながるとお話ししました。さらに加えて、次の2点にもご対応していただけると、より具体的なイメージの共有につながると思います。

●イメージに近い建物などの画像を用意する

●今住んでいる自宅に訪問してもらう

今はSNSで建物画像も簡単に閲覧できます。特にインスタグラムは情報の宝庫ですので、お気に入りの投稿をぜひ参考に見せてください。

また、今住んでいるお宅に訪問してもらうことについてですが、正直抵抗を感じる方も多いでしょう。ですが、“現地現物”は問題解決の近道であり、“理想の暮らし”を実現する良い方法でもあります。

豊富なプランニング経験のあるアイシン開発の営業担当者が今のお住まいを拝見させていただき、個性を感じとったり、お客様自身でも気づかなかった不満が見つかったりする可能性が高まります。まさに“百聞は一見にしかず”ですね。

 

執筆者プロフィール

都市開発事業本部 住宅部
営業グループ 営業チーム
大府展示場 担当員
田中昌幸

アイシン開発に入社したのは2010年。お客様とのご縁を大切にし、何ができるかを考え日々奔走中。マイホームの購入は人生の中で一番高価なお買い物。お客様と常に同じ視点に立ち、夢を実現するまで寄り添いサポートすることを心情としている。営業で心掛けている事は「とにかく分かりやすく、丁寧に情報を伝える」こと。プライベートでは、スーパー銭湯のサウナでくつろぐことや、飲食店巡りが好き。妻、娘、ミニチュアダックスと暮らしている。

CONTACT お気軽にお問い合わせください